病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  サ行 

子宮体がん

(しきゅうたいがん)
      がん  

子宮体がん

(しきゅうたいがん)
病 名 子宮体がん
よみがな しきゅうたいがん
概要
子宮体がんは、別名「子宮内膜がん(しきゅうないまくがん)」とも呼ばれています。
子宮体がんとは、子宮体に発生するがんのことを言います。
子宮体がんは、閉経後の50歳以上の人に多くみられ、近年日本でも増加しています。

症状
不正出血があらわれます。
進行すると出血は頻繁になり、悪臭を伴います。

原因
女性ホルモンの一種であるエストロゲンが、長期間にわたり子宮内膜を過剰に刺激を受けると発生しやすいと考えられています。

治療
早期に発見された場合は、手術によって摘出がおこなわれます。
進行している場合は、放射線療法がおこなわれ、ときに抗がん剤も使用されます。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved