病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  ハ行 

憤怒けいれん

(ふんぬけいれん)
      子供の病気  

憤怒けいれん

(ふんぬけいれん)
病 名 憤怒けいれん
よみがな ふんぬけいれん
概要
憤怒けいれんは、別名「泣き入りひきつけ(なきいりひきつけ)」とも呼ばれています。
憤怒けいれんとは、生後3ヶ月〜3歳までの乳幼児がおこす発作のことを言います。
てんかんとは異なり、脳波に異常はありません。

症状
激しく泣き、息を止め顔色が紫色になり、手足が硬直します。
発作は1分程でおさまります。
おさまったあと、ぐったりしていることもあります。

原因
自分が思うようにならないことがあるとおこりやすくなります。

治療
治療は必要ありません。
発作は3歳をすぎるとおこさなくなります。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved