病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  サ行 

脊髄空洞症

(せきずいくうどうしょう)
      脳・脊髄・神経の病気  

脊髄空洞症

(せきずいくうどうしょう)
病 名 脊髄空洞症
よみがな せきずいくうどうしょう
概要
脊髄空洞症とは、脊髄の中心部に縦長の空洞ができ、徐々に拡大していく病気のことを言います。
脊髄空洞症は、20〜40歳で発症することが多くみられます。

症状
筋萎縮、温痛覚の障害、排尿障害などの症状があらわれます。
症状は、慢性的に進みます。

原因
先天性の場合が多く、その場合には他の先天性の形態異常などを合併することが多くみられます。

治療
病巣の位置にX線を用いたり、可能な場合には手術もおこなわれます。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved