病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  ハ行 

バッド・キアリ症候群

(ばっど・きありしょうこうぐん)
      消化器の病気  

バッド・キアリ症候群

(ばっど・きありしょうこうぐん)
病 名 バッド・キアリ症候群
よみがな ばっど・きありしょうこうぐん
概要
バッド・キアリ症候群とは、肝臓から出る血液を運ぶ肝静脈、またはそこからつながる下大静脈が閉塞され、肝臓のうっ血や門脈圧亢進状態をおこす病気のことを言います。

症状
急性型と慢性型があり、急性型の場合は、腹痛、吐き気、腹水、肝臓の腫れなどの症状があらわれます。
慢性型の場合は、ほとんどの場合、症状はあらわれません。
進行すると、足のむくみ、腹水があらわれることがあります。

原因
原因不明のものが過半数を占めています。
肝静脈や下大静脈の先天的異常、血のかたまりが静脈にできてしまうことなどが原因と考えられています。

治療
門脈亢進症と血管の閉塞に対する治療がおこなわれます。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved