病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  カ行 

加齢性黄斑変性症

(かれいせいおうはんへんせいしょう)
      高齢者の病気  

加齢性黄斑変性症

(かれいせいおうはんへんせいしょう)
病 名 加齢性黄斑変性症
よみがな かれいせいおうはんへんせいしょう
概要
加齢性黄斑変性症とは、加齢によって黄斑部に異常がおこる病気のことを言います。
加齢性黄斑変性症は、50歳以上の人に多くみられます。

症状
視力障害、ものがゆがんで見える、色が違って見えるなどの症状があらわれます。

原因
老化によって、網膜色素上皮の萎縮、老廃物の蓄積、脈絡膜からの新生血管などが原因です。

治療
新生血管が原因の場合は、レーザー光線で焼きつぶす治療がおこなわれます。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved