病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  ナ行 

にきび

(にきび)
      皮膚の病気  

にきび

(にきび)
病 名 にきび
よみがな にきび
概要
にきびは、別名「尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)」とも呼ばれています。
にきびとは、思春期以降の顔・胸・背中などに、様々な皮疹ができることを言います。

症状
顔・胸・背中などに、様々な皮疹があらわれます。
皮膚がふくれ、赤みをおびて大きくなります。
次第に赤みが強くなり、痛みをともないます。

原因
皮脂の過剰分泌、代謝異常や自律神経失調、細菌の感染などの原因が考えられます。

治療
早期に根治させることは困難で、できたものをあとを残さないようにすることが大切です。
抗生物質やビタミンB2の内服によって、治療がおこなわれることもあります。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved