病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  マ行 

無脳症

(むのうしょう)
      子供の病気  

無脳症

(むのうしょう)
病 名 無脳症
よみがな むのうしょう
概要
無脳症とは、受精後24日ごろに神経管が障害されておこる病気のことを言います。
無脳症は、大脳や、生命の維持に重要な脳幹の形成も障害されます。
無脳症は、死産や生後数日で死亡し、生存することはほとんどありません。

症状
頭蓋骨や頭蓋骨をおおう皮膚が欠損して、脳の一部が露出します。
妊娠4ヶ月以降になると超音波診断で確認できます。

原因
発症の頻度に人種差があり、遺伝的な関係があると考えられていますが、原因は不明です。

治療
治療法はありません。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved