病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  マ行 

無酸症

(むさんしょう)
      消化器の病気  

無酸症

(むさんしょう)
病 名 無酸症
よみがな むさんしょう
概要
無酸症とは、胃粘膜の塩酸分泌が低下し、胃酸がまったくない状態のことを言います。
また、胃粘膜の塩酸分泌が低下し、胃酸が少ない状態のことを「減酸症」と言います。

症状
腸炎や消化吸収障害などがあらわれます。

原因
慢性胃炎胃がん、悪性貧血、WDHA症候群などにともなっておこります。

治療
塩酸の補給のため塩酸リモナーデの服用がおこなわれます。
禁煙が必要となります。
コーヒーや香辛料は、胃酸の分泌を促すので、適量を摂取することはかまいません。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved