病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  タ行 

胆嚢摘出後症候群

(たんのうてきしゅつごしょうこうぐん)
      消化器の病気  

胆嚢摘出後症候群

(たんのうてきしゅつごしょうこうぐん)
病 名 胆嚢摘出後症候群
よみがな たんのうてきしゅつごしょうこうぐん
概要
胆嚢摘出後症候群とは、胆嚢ポリープや胆石症で胆嚢を切除した後に、腹痛、吐き気、黄疸、発熱などの症状があらわれる病気のことを言います。

症状
腹痛、吐き気、黄疸、発熱、便通異常、腹部膨満感などの症状があらわれます。

原因
手術後に胆管が細くなったり、取り残した胆管結石があったり、慢性膵炎や乳頭炎などを併発したことなどが原因です。

治療
原因となった病気の治療がおこなわれます。
胆管狭窄や胆管結石がある場合には、再手術が必要となります。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved