病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  カ行 

カンジダ性爪炎

(かんじだせいそうえん)
      皮膚の病気  

カンジダ性爪炎

(かんじだせいそうえん)
病 名 カンジダ性爪炎
よみがな かんじだせいそうえん
概要
カンジダ性爪炎とは、真菌であるカンジダが爪の周囲などに増殖することによっておこる皮膚病のことを言います。
カンジダ性爪炎は、指先が湿ることが多い仕事の人に多くみられます。

症状
手の中指と薬指の爪周囲の皮膚が赤く腫れます。
爪と皮膚の間が化膿して痛むこともあります。
出てくる爪が変形したり、褐色や灰色に沈着することもあります。

原因
真菌であるカンジダが爪の周囲などに増殖することが原因です。

治療
外用抗真菌薬によって、治療がおこなわれます。
患部を清潔に保ち、乾燥させることが大切です。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved