病気の基礎知識大辞典
  サイト紹介
   病気の基礎知識大辞典は、病気の概要、症状、原因、治療に関する基礎知識を紹介しております。
   病気が気になるとき、病気になってしまったとき、病気の予防等々、当サイトをご利用いただければ幸いです。
 スポンサードリンク
  TOP  ア行 

アレルギー性紫斑病

(あれるぎーせいしはんびょう)
      血液・造血器の病気  

アレルギー性紫斑病

(あれるぎーせいしはんびょう)
病 名 アレルギー性紫斑病
よみがな あれるぎーせいしはんびょう
概要
アレルギー性紫斑病とは、アレルギー反応によって血管に炎症がおこり、血管から血液がもれることが原因と考えられる病気のことを言います。
アレルギー性紫斑病は、10〜20歳の子供に多くみられ、男児に多くみられます。

症状
丘疹や紅斑があらわれ、そのあとに紫斑があらわれます。
腹部の痛み、関節の腫れや痛み、下血、吐き気、発熱、頭痛、だるさなどの症状をともなうこともあります。

原因
アレルギー反応がおこる原因は、細菌やウイルスの感染、食物、虫刺され、薬剤などがあります。

治療
1ヶ月程度で自然に治ります。
副腎皮質ホルモンや免疫抑制剤が用いられることもあります。

スポンサードリンク
五十音メニュー

















































ジャンル別メニュー
 がん
 脳・脊髄・神経の病気
 心の病気
 目・耳・鼻の病気
 喉・口腔・歯の病気
 呼吸器の病気
 循環器の病気
 消化器の病気
 泌尿器の病気
 運動器の病気
 皮膚の病気
 血液・造血器の病気
 免疫・代謝・ホルモンの病気
 感染症・寄生虫
 子供の病気
 高齢者の病気
Copyright(c) 病気の基礎知識大辞典 All Right Reserved